もっと身近にセキュリティ

スパイラル、してますか?

「セキュリティ」と言うと、ITのセキュリティをイメージする方が多いようです。特に近年、ITセキュリティの重要性が高まっていますが、セキュリティの中には、ITセキュリティの他に、人的セキュリティ、物理的セキュリティ等が含まれています。そして、ITセキュリティの中にもネットワーク、サーバ、アプリケーション、端末の対策等、様々な領域があります。あるいはスパイ映画やSFの世界をイメージするでしょうか。とにかく専門的で難しそうな印象が強いかもしれません。

このように、少し遠い世界のように感じられるセキュリティですが、日本語で言えば「防犯」です。いつも外出する時は、当たり前に家の扉に鍵をかけると思います(かけない人は現代の日本ではかなりの少数派だと思います)。

昨今紙面を賑わせ攻撃が多発している状況は、たとえるなら、近所で空き巣や強盗が多発している家に住んでいるようなものです。鍵を二重にしたり警備会社と契約したりした方がよいかもしれませんし、家の中に財産を置かないことが有効かもしれません。

家に鍵をかけるように、ITに接する時には、ITの「当たり前」を身につけて実践する必要があります。
もちろん、所変われば「当たり前」は違ってきます。それぞれ大切なものが違うでしょうから、まずは何を守るべきかを考えるところから「セキュリティ(防犯)」対策を検討してみてはいかがでしょうか。