特集

情報漏えい事故の報告・届出先

▼事故対応が少し落ち着いたら
情報漏えい事故が発生した場合には、株主、取引先、個人情報の漏えいであれば個人情報の本人など、様々な方への報告や説明が求められます。また、事故が発生した事実について(内容に拠りますが)、公的な機関への報告・届出も必要になります。

情報漏えい事故の発生に気づいた後は、速やかに対応しなければ事態がさらに悪化していきます。緊急の体制を敷き、事実を調査し、被害の拡大を防止しなければなりません。関係機関への報告・届出は、そのような緊急の対応を終えた後に実施することになります。

滅多に起きない事故が起きた時には、報告・届出先の存在を忘れてしまうかもしれませんから、いざという時に備えて、報告・届出先を確認しておきましょう。

続きを読む

特集

セキュリティは信頼の上に成り立ってるという話

福山雅治さんの自宅に不審者が侵入し、妻の吹石一恵さんと鉢合わせしたところ逃げ出したという事件がありました。

これだけであれば単なる芸能人宅での空き巣未遂事件のように見えますが、数日後逮捕されたのはそのマンションのコンシェルジュの女で、福山さんから預けられていた合鍵を使って侵入したということが判明しました。とはいえやはり芸能ニュースの域を出ない話題ですが、ちょっと見方を変えるととても重大なセキュリティインシデントの要素を多く含んでいる事件です。

続きを読む

特集

セキュリティーエンジニアへの道

▼とある高校生の進路相談
Yahoo!知恵袋のある投稿が話題になっています。

続きを読む

特集

APEC越境プライバシールールシステム

日本の個人情報保護法の改正に関連して、EUが独自の基準に照らしてパーソナルデータの保護が十分でないと判断される国へのデータ移転を原則的に認めない「データの越境移転規制」について昨今話題になっていますが、アジア太平洋域に目を移すと、2016年1月に注目すべき動きがありました。

続きを読む

特集

CISOがいないなら作ればいいじゃない

▼最高情報セキュリティ責任者(CISO)を未設置の企業は半数以上
NRIセキュアテクノロジーズ株式会社(以下、「NRIセキュア社」)が「企業における情報セキュリティ実態調査2015」を発表しました。
http://www.nri-secure.co.jp/whats_new/2016/0216.html

NRIセキュア社は、3000社を対象としたアンケートデータを分析した結果、以下の4点に注目しています。

続きを読む

特集

マイナンバー対応システム・サービスに何を期待しますか?

▼マイナンバー情報漏洩の不安
企業でマイナンバーの取扱いが本格化する時期に入ってきました。
そんな中、株式会社MM総研が1月21日にマイナンバー制度対応のシステムやサービスについて企業が何を求めているか調査した結果を公表しました。

マイナンバー制度対応システム・サービスの導入実態調査
http://www.m2ri.jp/newsreleases/main.php?id=010120160121500

続きを読む